酔虎の独り言 〜本とロックと酒の日々〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 生徒会長はアドリブで暴走するのだ

<<   作成日時 : 2009/05/20 18:44   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

 東京で
 学生生活を
 謳歌している
 元生徒会長が
 「オレも登場させて下さい」
 と言ってきたので
 素直なオレはすぐに書く

 彼Tは
 明るく元気でまじめで
 とってもスケベな男の子だ
 勉強に部活に生徒会に
 友情に恋にと
 すべてに全力投球
 とっても高校生活を
 エンジョイし
 有意義に過ごした
 うらやましいくらいの
 青春野郎なのである

 当時生徒会の顧問だった関係で
 授業には行っていなかったが
 Tとはけっこう濃いつきあいをした
 Tは人間的にも
 裏表のない
 とっても
 いい生徒イヤ男だった

 そんなナイズガイの
 Tなのだが
 一つだけ
 オレを悩ませ続けたことがある
 いや
 アレは
 オレとTとの
 飽くなき戦いだった
 と言える

 オレを恐れさせたヤツの行い
 それは
 アドリブ
 である

 ヤツは役職上
 壇上で
 みんなの前で
 話す機会が
 多かったのだが
 いつも
 毎回
 オレは
 ヤツがしゃべっている間中
 心臓はドキドキ
 息は荒くなり
 マジ
 手に汗握っていた

 だって
 ヤツ
 「大丈夫」
 とか言って
 原稿用意しないで
 大丈夫だった試しがないのだ
 途中から興奮して同じことを繰り返したり
 自分でも訳がわからなくなって
 しっちゃかめっちゃかになって
 終わったり
 こらっ
 笑ってごまかすな
 あ〜
 思い出しても
 はらはらしてきた
 心臓に良くない
 また血圧上がる・・・

 中でも
 一番恐れていたセリフ
 それは
 「ぶっちゃけ・・・」
 である
 これが入ると
 もうあとは
 支離滅裂
 その時の高揚した気分を
 何とかみんなに伝えたいのだろう
 それはわかるが
 わかるのはそれだけ
 気持ちばっかり空回りして
 内容が 
 まったく空中分解した
 凧のように
 糸が切れて飛んでいってしまうのだ

 それはオレも考えたよ
 指令を出した
 必ず原稿書け
 それを事前にオレに見せろ
 その通りしゃべれ
 その時の気分でしゃべるな
 アドリブ入れるな
 ぶっちゃけるな

 しかし
 それでもなお
 その原稿を読んでいるうちに
 ヤツの手は興奮のため
 ぷるぷる震えだし
 ついには
 原稿から顔を上げ
 イッちゃった目で 
 言うのだ
 必殺の
 「あの〜
 ぶっちゃけ
 言っていいですか?
 オレ
 今すっごく・・・」

 ああ〜
 オレは頭を抱え
 体育館の壁により掛かったまま
 ずるずると
 くずおれるのであった・・・

 頼む
 ここは
 生徒会長の挨拶
 の場で
 お前の
 トークショーじゃないんだ
 しかも
 言ってることが
 意味不明

 息を荒くし
 顔を紅潮させて帰ってきた
 ヤツはオレに言う
 「先生
 あんなんで良かったすか?」
 よくないよ
 あああ
 君
 みんなのあの
 笑いに
 気づけよ〜

 カーリングの日本代表
 小野寺さんが見えた時も
 やられた
 花束を贈呈するだけだと
 安心していたら
 ヤツめ
 「一言言わせて下さい」
 なに〜
 おいこら
 何言うつもりだ
 「えへへへ
 おれ
 あの
 なんつうんですか・・・」
 やっぱり
 何も考えて無くて
 ただ興奮して
 「何か言わなきゃ」
 の思いだけで口走ったな
 案の定
 感想らしい感想もなく
 単ににやにやして
 シリで手拭いて
 「いや〜
 握手して下さい」
 おまえ
 ステージ上を私物化するな!

 そんなTとの
 最後の戦いの日は
 そう
 3月1日
 卒業式である
 本校は送辞・答辞は
 現・前生徒会長がやることになっている
 前年は
 あまりにもまとまらなかったので
 見かねた彼のお父さんが
 原稿を書いてくれた
 (国語の先生なのだ)
 今年はそうはいかない
 「自分で考えます」
 よ〜し
 その心意気や良し
 「今までで一番のを作ります」
 おっしゃ
 良い物を作ろう
 そして今まで
 君を笑ってきた
 生徒、先生たちを
 見返そうじゃないか

 推敲に推敲を重ね
 書き直すこと
 実に10回!!
 T渾身の
 答辞は出来た
 家庭学習期間も
 登校して
 オレと別室に籠もって
 何度も
 読む練習を重ね
 仕上げた
 入魂の答辞

 そして
 その日は来た
 「先生、おれやるよ」
 うん、頑張れ
 ちゃんと見てるぞ
 「ところで」
 うん、どうした?
 「途中一カ所
 アドリブ入れてイイすか?」
 なに〜!!
 オレの両足から力が抜けていった
 だめ
 絶対ダメ
 頼むから
 やめてくれ
 「あはは
 冗談スよ」
 あのね
 やめて
 それ冗談になってないから

 そうこうしているうちに
 式が始まった
 オレにとって
 自分の学年が卒業する時より
 いや
 今までで一番緊張した
 あの卒業式が

 結果は
 ヤツは
 見事だった
 全校生徒を感動させ
 満場の拍手喝采を浴び
 先生方や来賓にも 
 絶賛された
 最高の答辞だった
  
 オレも叩いたよ
 手が赤くなるくらい
 というか
 半分以上
 よくアドリブを入れないでくれた
 という感謝の拍手だったけど

 と言うわけで
 人前に出ると
 何を言い出すかわからない
 恐怖の
 アドリブ
 生徒会長

 Tくんでした

 
 
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時


うちもその答辞きいて感動した!
ぜんぜん先輩たちと関わりなかあたのに
なみだでそうだあた!
(´・ω・`)
2009/05/20 23:06
あたしも
あれ うるってきた!
先輩と関わり
ゼロだったのに
泣きそうになた!!

あの時の
会長さん.好き(*^^*)
>>29*´`)
2009/05/21 03:13
とうとう…書いてくれましたね!
ってダメダメな人みたいじゃナイスか↓笑

今でも人前に出ることが多くてみんなの前で話してます!もちろん…アドリブで笑

嘘です
先生のおかげでだいぶ変われた

ありがとうです
熱血眼鏡君
2009/05/21 13:44
と言うわけで
ネタにさせてもらいました
あんがとね
頑張って
教員なってくれ
ちゃんと勉強するんだよ!!
平和風
2009/05/21 17:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
http://gogomakky.naturum.ne.jp/
生徒会長はアドリブで暴走するのだ 酔虎の独り言 〜本とロックと酒の日々〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる