酔虎の独り言 〜本とロックと酒の日々〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 酔虎が 赤ずきんになった の巻  〜歯医者さんで Tooth and Nail〜

<<   作成日時 : 2010/03/16 17:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

  1
 雪が舞う
 ちらほら
 ちらほらと
 白い虫のように
 雪が舞う

 「去年
  合格発表を見に来た時は
  雪
  全然ありませんでしたよ」
 と
 1年生の野球部員
 
 そう
 今日は
 道立高校
 合格発表の日
 道路以外は
 雪が
 しっかりと積っている
 やはり
 今年は
 例年に比べ
 雪が多い
  
 発表係の
 酔虎は
 9時53分
 7分も早く
 板を掲げてしまい
 発表の10時までの間
 見えないように
 上に貼った
 紙を押さえて
 雪と寒風の中を
 立っていたのだった

   2
 13時53分
 K歯科医院に電話を入れる
 もう1年半も
 行っていない
 いつも
 治療を中途半端にして
 また何かのきっかけで
 通い始めるのだ
 今日は
 もちろん
 抜け落ちた歯が
 きっかけ

 治療の予約のための
 電話だったが
 「2時からいいですか?」
 なんと
 2時とは
 7分後ではないか

 今日はこの数字に縁がある
 「来られますか」
 「行きましょう」
 こうして
 行くことになった

   3
 簡単な
 アンケートに答えて
 治療室に入ったのは
 14時30分
 
 いつものように
 レントゲン写真を撮って
 歯の検査をして
 
 治療の説明と
 今後の見通しを
 聞き・・・
  
 それからが
 実は
 長かった
 
 抜けたと思っていた歯は
 なんと
 根が
 素人目にもわかるほど
 くっきりと
 残っていた

 これを
 抜くという

 よかろう
 好きにしなさい

 この歯科医は
 先生のほかは
 スタッフが
 全部女性

 簡単な治療は
 全部
 この
 女性スタッフたちが
 やることになるのだが・・・

   4
 打たれた
 麻酔注射は
 数えただけでも
 22回
 時間にして
 たっぷり
 1時間の
 歯の根
 除去処置が
 始まった

 「はい
  倒しますね」
 「ちょっと
  ちくっとしますよ」

 最初は
 丁寧で
 やさしかった
 スタッフのお姉さん

 しかし
 
 「奥にあるので
  まず
  通り道を作ります」
 
 あたりから
 様子がおかしい

 がりっ
 みしっ
 ずりっ

 なんだか
 妖しい
 音が
 するではないか

 痛さは
 感じないから
 本当のところはわからない

 しかし
 歯茎に
 とがったものを差し入れ
 こね回し
 残った
 歯の根を
 つかんでは
 引っ張り
 ねじり
 ごりごり削り・・・

 感触から
 お姉さんが
 悪戦苦闘する様が
 ひしひしと
 伝わってくるではないか

 さらには
 なかなか抜けないまま
 オレの頭の上で
 位置を変え
 角度を変え
 様々な手を尽くしている
 そのたびに
 前歯左2本目の
 オレの歯茎の中は
 引っ張られ
 押され
 こねくり回されている

 「はい
  うがいしてください」

 どぶっ
 血のかたまりのような
 赤い唾液が
 排水溝に流れ落ちたとき

 これは難儀なことになった
 そう思った

    5
 「ああ
  もう・・・」
 「う〜ん
  どうしよう」

 聞きようによっては
 また状況が違えば
 ちょっと
 悩ましげで
 色っぽさすら感じる
 お姉さんの
 吐息混じりの
 独り言だが

 歯医者の治療室の
 診察台の上で聞いたら
 これは
 不安になるなと
 言う方がおかしい
 
 麻酔注射の数ばかりが増え
 いっかな
 歯の根が
 抜ける気配はない

 いらいらしてきたのか
 お姉さん
 「痛くないですか?」
 を繰り返し
 しまいには
 遠くを見
 大きくため息をついて

 行ってしまった

   6
 院長先生の出番である
 オレより一つ年上
 物腰の柔らかな
 優男風

 しかし
 なんだか
 いつもと違う

 「倒します」
 のあと
 いきなり

 ちゅい〜ん

 とうとう
 歯茎の中の
 歯の根を
 削り始めた

 ちゅいん
 ちゅいん
 ちゅい
 ちゅい

 そして
 ペンチのようなもので
 はさんで
 ぐいぐい
 力任せに
 引っ張る
 押す
 ねじる

 い
 いたいっ

 思わずのけぞると

 「麻酔
  打ちます」
 もう
 あらゆる角度から
 ちく
 ちゅ〜
 ぢく
 ぢゅ〜

 ついには
 唇の上から
 突き刺そうとするから

 あわてて
 くちびる
 くちびる
 叫んで
 手で払いのけた

 おいおい
 唇と歯茎の
 区別もつかないのかよ

 その後
 まったく
 感覚のなくなった
 オレの前歯付近を
 ごそごそやっていたが

 いきなり
 脱脂綿を
 大量につっこんで

 「はい
  抜けました
  明日
  消毒に
  来られますか?」  
 「ガーゼは
 30分くらいとらないでください」
 「うがいは頻繁にしないで
  あと
  お風呂も今日はだめです」 

 口をきけないオレは
 ただ頷くだけ

 こうして
 オレの歯は
 さんざんかき回され
 蹂躙されて
 治療が終わったのだった

   7
 雪が舞っている
 ちらほら
 ちらほらと
 白い虫のように
 雪が舞っている

 家に戻ると
 愛犬
 桜桃が
 飛びついてきた
 思いがけず
 早い時間の帰宅に
 大喜びのお出迎えだ
 ういヤツよ

 散歩行くか
 の言葉に
 もう
 しっぽはちぎれんばかりだ

 雪の中を
 歩く
 犬と歩く

 麻酔が
 切れてきた

 一歩
 一歩
 歩を進めるたびに

 なくなった
 前歯の上
 処置の後が

 ずきん
 ずきん
 
 口の中のガーゼは
 血を吸って

 真っ赤

 これが本当の

 赤ずきん・・・

 
  

 
 Dokken
   『Tooth and Nail』
 
 
 たしかに

 手をつくして
 全力で
 やってくれたけど
  (Tooth and Nail)

 オレには
 そのまんま
 歯に釘を
 打たれた
 みたいだった   
  
 
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今日の内容は痛々しい(≧ヘ≦)
痛くて、寝れなかったりして…
恵子りん母
2010/03/16 19:47
あのね
あのあと
お酒を飲んだら
出血も
痛みも
止まっちゃいました
とさ
あらら

心配して下さった方々
ありがとう

>KA
 間違って
 コメント消しちゃった
 ごめんなさい
 また
 コメントしてね
平和風
2010/03/18 01:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
http://gogomakky.naturum.ne.jp/
酔虎が 赤ずきんになった の巻  〜歯医者さんで Tooth and Nail〜 酔虎の独り言 〜本とロックと酒の日々〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる