酔虎の独り言 〜本とロックと酒の日々〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 親父の記憶と お知り合い  

<<   作成日時 : 2010/03/08 21:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 結婚式の受付で
 「お名前を
  お願いします」

 オレ
 わざと
 黙っていた


 すると
 「」 
 怪訝そうに顔を上げた
 受付の女の子
 オレの顔を見て
 「あ゛〜
  ○○ 
  ・・・せんせい」
 
 もう
 忘れないでよね
 ぷんぷん

 しかし・・・
 披露宴が始まって
 男子連中の席に顔を出したが
 知らない顔が
 4名・・・
 そのうち2人は
 明らかに
 卒業生ではない
 
 が
 後の2人は・・・
 明らかに親しげに
 オレに話しかけてくる
 う゛〜
 席表を見て確認して
 やっと気づいた

 って
 おいおい
 君は
 さっき
 バスの中で
 通路を挟んで
 隣に座っていたじゃ
 ないか


 9年前
 彼らが
 3年生の時
 1年だけの
 つきあいがあった
 
 授業で行っていたクラスの人は
 名前もすぐ出てきたけれど
 行っていないクラスは
 厳しい

 しかも
 さらにさらに
 宴もたけなわ
 花嫁が
 手紙を読んでいるのを
 後ろを向いて
 しんみり見ていたら
 目の前
 オレの
 すぐ後ろの席の
 女の子の
 横顔に
 見覚えが

 あわてて
 席表を見ると
 なんと
 オレが
 副担任だったクラスの
 N美ではないか

 てことは
 ずっと背中合わせに座っていた
 ってことだ
 おいおい
 気付けよ
 オレ

 すぐ声をかけたら
 「気づいてないなって思ってた」
 って
 そっちからも
 声かけておくれよ

 まったく
 それは
 隣に座った
 同世代の
 S先生も一緒
 記憶の
 曖昧な
 オヤジたちは
 他にも
 もうとっくに終わったのに
 「あれ
 ○○のスピーチまだ?」
 などと
 とんちんかんな会話を
 繰り返すのであった
 
 しかし
 帰りのバスでは
 くだんの
 彼と
 その日初めて言葉を交わした
 その一個上の学年の
 Sくんと
 日本酒で
 もりあがったぜ

 ま
 同じ学校の
 出身者だ
 すぐに
 共通の話題で
 うち解けたというわけさ
 
 なにせ
 オレ
 人見知りじゃなく
 顔見知り
 が
 モットー
 とくだらないギャグが出たところで
 本日
 お開き 

 

  The Doors
   『 Hello, I Love You』


 最高に
 イカした
 イカれた
 ロッカー
 ジム・モリソン 

 一緒に飲んでみたかったな 
   
 
 
 
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
http://gogomakky.naturum.ne.jp/
親父の記憶と お知り合い   酔虎の独り言 〜本とロックと酒の日々〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる