酔虎の独り言 〜本とロックと酒の日々〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 戻りたい過去と 取り戻せない 恥ずかしさの 午後

<<   作成日時 : 2010/06/08 19:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

試験中の職員室に
 遊びに来た
 卒業生二人
 この3月に卒業した
 NとM

 オレの顔を見るなり
 笑顔で
 「あ
 会いたかった」
 って
 うれしいけど

 「知っている人少ないんだもの」
 
 そうか
 担任が
 転勤しちゃっているしね

 それにしても・・・
 ずいぶん
 優しい
 表情

 「あ〜
  いいなぁ
  高校戻りたい

 
 これ
 来校する卒業生が
 必ず発する台詞
 ナンバーワン

 続いて
 「でも
 先生の授業で
 寝たり
 生意気なこと言ってたよね」
 「そうそう
 『早く終わないか』とか」
 「『わかんない』とか」
 「今思えば
 わがままだったよね」
 「ホント
 絶対甘えてた」

 そうかそうか
 就職したNと
 専門学校のM
 いろいろ頑張っているらしい

 「絶対楽しかった」
 「楽だった」
 「今から思うと
 ちゃんとやってたら
 絶対わかった
 授業」
 「テストだって
 受けたいくらい」

 ははは
 これまた
 みんな言うんだな
 そして
 極めつけ

 「それにしても
 何であんな
 格好していたんだろ

 「ほんと
 恥ずかしい」

 そうなのだ
 卒業した瞬間気づくのだ
 
 短くしたスカート
 ゆるめたネクタイ
 そのだらしなさと恥ずかしさに

 だから言ったじゃん
 てか
 言ってやってくれよ
 在校生に

 「その時は気づかないのよねぇ〜

 そうなんだよね
 できるなら
 言ってやって欲しいよ
 一年前の自分に

 しかし
 人生
 そんなものだよなぁ〜

 後悔先に立たず
 とはよく言ったもので
 
 オレだって
 思い出せば
 恥多き人生

 

  Victor Jara
  『Te Recuerdo Amanda』

 

 南米チリの歌手
 ヴィクトル・ハラ
 代表曲(だと思う)

 軍政の戒厳令下チリ
 何千人の民衆と一緒に
 チリ・スタジアムで
 虐殺されたハラ

 殺される直前まで歌い続け
 銃殺の前に
 まず
 二度とギターを弾けないように
 両手を石で叩き割られたという

 愛と反権力の
 歌い手
 ハラ
 
 ロバート・ワイアット経由で知った
 歌い手です

  

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
http://gogomakky.naturum.ne.jp/
戻りたい過去と 取り戻せない 恥ずかしさの 午後 酔虎の独り言 〜本とロックと酒の日々〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる