酔虎の独り言 〜本とロックと酒の日々〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 勝った キセキのような 完勝の日

<<   作成日時 : 2010/07/01 18:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

 奇跡的な勝ち方だった

 第92回 全国高等学校野球選手権大会

 夏の甲子園予選の
 支部大会2回戦

 春も当たった
 甲子園にも出場している
 強豪
 M高校との対戦

 試合前は
 暗雲立ちこめる状態だった

 まず
 昨夜半から降り始めた雨は
 オレが起きた5時頃
 ざんざん降りで
 これは
 今日はできないかな
 と思うほどだった

 1回戦は
 昨夏と同じ
 A高校
 部員数は少ないが
 元気のイイ気持ちのイイチームだ
 昨年は
 5回で仕留めた
 そのチームに
 4−6と
 辛勝

 しかも
 打たれたのは
 最後を
 締めるはずの
 エース君だった

 そう
 うちの
 146q/hエース君
 実は
 絶不調

 いや
 不調どころか
 調子無し

 だって
 春の大会から
 投げてないんだもの
 ボールを

 「ガラスの肘」

 投げてみなければわからない

 痛みが出たら
 即降板
 調子がどうとか
 言っている場合じゃない

 そして
 始まった
 
 2回戦
 
 勝った
 すごかった

 キャプテンが
 (またしても 笑)
 ジャンケンに負けての先行
 
 一発勝負の
 高校野球では
 接戦が予想される試合では
 後攻を取ることが
 必須

 ああ
 またしても・・・
 ここでも暗雲はれず

 しかし
 しかしだ

 でたよ
 1回表
 4番Yの
 弾丸ライナー
 レフトに飛び込む
 自身初となる
 フェンス越え
 先制の2ランホームラン

 ベンチにいた誰もが
 しびれた
 鳥肌が立った
 涙が出そうになった

 勝てる
 そう思った
 瞬間だった

 そしたら
 それを受けたエース君が
 頑張らないわけがない

 5回まで
 強振してくる
 怖いM高打線を
 0封
 さすがだよ 

 運も味方した
 春の雪辱を誓ってきたはずの
 M高打線は 
 とにかく気合い十分
 それが
 空回りする形で
 ボール球を振ったり
 フライでランナーが帰れなかった
 ダブルプレーが2回

 そしたら奇跡は起きる

 1回戦
 12残塁の
 我が打線
 11安打で
 7点も取ったよ

 4番君は
 2点取られた後の
 7回にも
 貴重なタイムリーヒット
 
 今日はホントに
 頼れる四番
 だった

 肘が限界の
 エース君は7回2失点で降板
 (自責点は0だよ)

 後は
 弟君が締めて

 7−3

 完勝!!!

 やったぜ
 いや〜
 勝つって
 ほんっとに
 イイもんだね

 

 
 

 
 
  

 
 
 
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
決勝も勝ちましょ!!
IKM
2010/07/02 01:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
http://gogomakky.naturum.ne.jp/
勝った キセキのような 完勝の日 酔虎の独り言 〜本とロックと酒の日々〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる