酔虎の独り言 〜本とロックと酒の日々〜

アクセスカウンタ

zoom RSS キャタピラーとジョニーとメタリカと・・・

<<   作成日時 : 2010/08/28 15:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 観てきました

 『』
若松孝二キャタピラー
游学社

ユーザレビュー:
もう一度過去の戦争を ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 若松孝二キャタピラー の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



  若松孝二 監督
 『キャタピラー』

 日中戦争末期
 中国で
 現地女性を強姦し虐殺した後
 自身も負傷し
 四肢と聴覚をなくし
 喉をやられて喋ることもできず
 頭部に見にくいやけどを負い

 「芋虫:キャタピラー」となって
 故郷の村に帰ってきた男

 まんま
 トランボの
 『ジョニーは戦場に行った
 じゃん

 
ジョニーは戦場へ行った [DVD]
ジェネオン エンタテインメント
2005-08-24

ユーザレビュー:
メッセージは人間の愚 ...
戦争とは何であるか・ ...
観る前にエンディング ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ジョニーは戦場へ行った [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 話はしかし
 とってもシンプルだった

 「軍神」と祭り上げられた
 芋虫夫を
 けなげに世話してみせる
 「銃後の妻の鏡」である
 寺島しのぶ
 セリフはぎりぎりまで
 切り詰められ
 台本はとっても薄いのだという

 しゃべれない夫と
 二人きりの妻
 二人の演技が最大の見物だ

 ストーリーは
 エンディングも含めて
 全く想像していたとおり

 ただ
 ここに「寓意」を観るとしたら

 それまで
 弱い者に威張り散らしていたが
 戦争で芋虫となり
 それでも
 ほめられ
 甘やかされ
 庇護されることで
 食欲と性欲だけが
 突出したまま
 わがままに
 意地汚く生きていく男

 これは
 戦後日本人の姿そのままではないか

 どちらも
 世界一の
 食品産業と
 性産業

 この国に来ればこの二つは
 際限なく満たされる
 ただし
 お金があれば・・・

 なんだか
 自分の汚い部分を見せつけられたような気がして
 落ち着かなくなる
 早く終わってと
 思いながら観た映画だった

 そんな中
 打算的で
 ヒステリックで
 意地悪で
 しかし
 慈母のごとく優しい
 妻を演じた
 寺島しのぶは
 映画全体への救いのような存在だった
 
 これはもう
 この曲しかないね

 

  Metallica
   『One』
 

 上記
 『ジョニーは戦場に行った』に
 インスパイアされて
 できた曲
 PVにはその映画の一部が使われている

 この曲も
 衝撃だったな・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
これって江戸川乱歩の『芋虫』のモデルになったやつ?それとも、乱歩の作品をヒントにしたのかな?因みに俺は寺島しのぶより藤純子の方がすきだなぁ。
ロック仙人TF
2010/08/28 23:49
乱歩の作品をヒントにした
と思われます
あと
山上たつひこの
(ガキデカのあの)
漫画
『光る風』にも
同様のモチーフが出てきます
これ
かくれた名作です
平和風
2010/08/29 13:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
http://gogomakky.naturum.ne.jp/
キャタピラーとジョニーとメタリカと・・・ 酔虎の独り言 〜本とロックと酒の日々〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる