酔虎の独り言 〜本とロックと酒の日々〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 師走の 結婚式は 太陽に祝福されたのだ 〜その参〜

<<   作成日時 : 2010/12/25 23:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

さてさて
久しぶりに
緊張しました
わたし

なにがって
今日の披露宴

スキ無し
なんだもの


列席者は50人ほど
でも
少人数だけに
みんなが
本当に
新郎新婦を
祝福していて

しかも
新婦側は
埼玉から

会場側も
気合いが入っていて

普通は
(北海道では)
発起人と称して
職場や友人が仕切るんだけれど

全ては
式場スタッフが
これでもかと
趣向を凝らして盛り上がる

へんな
余興みたいなのは
一切なし

新郎新婦と
それぞれの家族
選ばれた(?)
参加者がそれを見守るという趣向

それで
さいごの挨拶をして下さい
と言われ
軽い気持ちで
快諾し
いつものように
行ったオレ
(帰ったら馬刺し・・・位の勢い
 それは 嘘だけれど)

緊張しました

まじ
ひさしぶりに
緊張しました

何がって
この式は
とにかく
格好よく
スタイリッシュに
それでいて
ほどよい笑いと
暖かさを
求められていて

下世話な
笑い
ましてや
下ネタや
過去の暴露話なんて
絶対的に
御法度


しかも
後半は
イベントの嵐
新郎新婦の
両家からの
マジなスピーチ
スタッフが作った
プロモーションのような
素敵なビデオ
これでもかと
繰り出される

そろそろ
オレかな
と思っていたら
そんな
出席者の涙を誘う
(オレもぐっと来た)
催し物満載の
その後に

こんな素敵な
披露宴を
オレは
しめられるのか


実は
ずっと
練り直していた
みんなが感動している間も
オレは
オレのスピーチを
頭の中で
書き換え
書き換え
やっと
しゃべったよ
こわさないように
それでいて
ポシャらないように・・・

ほんと
実は
ずっと
胃が
ぐちぐち
重かった

しゃべり終えて
たくさんの拍手で迎えられた後は
グラスを持つ手が
少し震えた

抜けてた・・・

まったく

と言うわけで
帰りの高速道路を降りるまで
実は
胃の調子が
めちゃくちゃだった
酔虎です

帰って
落ち着いて
胃に
芋焼酎を
流し込んでいる
訳ですな

でも

いい
披露宴だったよね

自分も
ちょっとは
貢献できたかな?


自分を慰めている
酔虎なのであった



 Superfly
  『愛と感謝』


さて
帰りの
これは
ちゃんと
帰ってこれた
高速道路の
カーステのない車の中で
酔虎は
ずっと
この人の曲を
アカペラで
熱唱していましたとさ

最高の笑顔を
ありがとう
 




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
http://gogomakky.naturum.ne.jp/
師走の 結婚式は 太陽に祝福されたのだ 〜その参〜  酔虎の独り言 〜本とロックと酒の日々〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる