酔虎の独り言 〜本とロックと酒の日々〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 骨折り損の 入院もうけ その1

<<   作成日時 : 2011/09/10 22:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

オレの右手の中指は
第2関節が芋虫のように醜く腫れていて
傷跡が走り
ぴったりと曲げて握ることが出来ない

7年前の骨折そして手術の名残だ

そう
2004年の秋
ちょうど今頃のこと・・・

〜1 酔って野球をするべからず〜

その日オレはふらふらと
薄もやがかかったままの頭で
グランドに出た
前日は飲み会で3時まで飲み続けた
酒はまだたっぷりと体に頭に残っている

アップが終わって
バッティング
オレが考えた
ソフトボールをマシンで緩く出し
引きつけて
右方向に打つ練習だ
セカンドのポジションに一人守らせ
そこにめがけて強い打球を撃て
そう指示して見ていると
打つ方は様になってきたが
取る方がひどい
あんなに大きい正面の球をなぜ捕れない

ちょっと貸してみろ
オレは愛用のグラブをはめて
セカンドのポジションの
前進守備についた

これが悪夢の始まりだった

クリーンナップを張る3年生の打球
地を這うようなライナーが飛んできた
そうそう
そういうバッティングだ
声をかけて何気なく手を出した
その手の先が思いっきり壁にぶつかった
ような気がしたとたん
指先から肩まで稲妻が駆け抜けた
痛ってぇ〜
手首から先が無くなったように痺れた

中指にソフトボール直撃である
そりゃ
選手も捕れないわけだ
硬式用バットで
野球部レギュラーが思いっきり打ったその球は
硬式ボールとは全く違う低い弾道から
ホップするように伸びて
構えたオレの中指の先を
縦につぶしたのである

みるみるうちに
血をたっぷり吸ったヒルのように
ふくれあがる中指
ちょっと触ってみると
後頭部を鈍器で殴られたような衝撃
痛いなんてもんじゃない
霞がかかっていた頭の中の視界が
突風で一気に開けた

やっちまった

すぐに冷やして湿布を貼ったが
それで収まるわけもない

次の日から秋の大会である
湿布の上から包帯を巻いたオレの中指
曲げることも出来ないその指で
やったよ二塁塁審
痛さこらえて気もそぞろの
そこへ来た
絶妙の牽制球が
思わず挙げたよアウトのコール
それは誰が見ても
見事な

ふぁ〜ック
サインであった

youtube id="eo3ilqhf1tE" />
Tom Waits - Please Call Me Baby
The Heart of Saturday Night
Elektra / Wea
1994-07-08
Tom Waits

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by The Heart of Saturday Night の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
アキレスよ 立ち上がれ
緊急事態発生 ...続きを見る
酔虎の独り言 〜本とロックと酒の日々〜
2012/04/04 22:05

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
多分、これやったおかげで翌年に右方向のヒットが増えた気がします
当時のY監督に珍しく右打ちを絶賛されたんも、よぉ〜っく覚えてます

・・・卒業直前にも書いちゃいましたが、アレは捕るの難しいんですからねっ(笑)
俺が捕っていれば骨を折らずに済んだんだぞってツッコミはいつでも受けますです
ムードメーカー
2011/09/12 11:34
ありがとう
あれ
結構効果的だったと自負しているんだけれど
自分のケガから
その後やってないんだよ
ううん
困った指導者ですな


平和風
2011/09/12 22:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
http://gogomakky.naturum.ne.jp/
骨折り損の 入院もうけ その1 酔虎の独り言 〜本とロックと酒の日々〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる