酔虎の独り言 〜本とロックと酒の日々〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 入学式の変質者!?

<<   作成日時 : 2014/04/12 19:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

9日に行われた入学式

和やか厳粛な
いい式でした


なんと
こともあろうに
学校長式辞の時

コップに入れた焼酎を
うろうろ持ち歩く
赤ら顔のおやじ

体育館に闖入
一部場内を
騒然とさせた




Perfect Strangers
Island / Mercury
1999-08-02
Deep Purple

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Perfect Strangers の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






真相はこうだ


3学年担任のオレ
入学式は
裏方係だ

玄関で新入生たちと保護者に
受付案内をした後

廊下に並んだ
新入生たちの
ネクタイをきっちり締めてあげて

教室を見回りして

体育館に入った時には
新入生の呼名も
半ばを過ぎていた

そおっと
職員席の1番後ろに腰を下ろすと

待っていたように
新聞局のカメラ担当として
式に出ていた
我がクラスの
Y子が
そ〜っと
近づいてきて

オレに
耳打ちした

「F先生
 おなか痛いんだって


なにぃ
F先生は
この式の司会
中座するなんて
絶対に出来ない

ヤバイ
これはヤバイ
ものすごくヤバイ

オレはすぐに
式場の体育館を抜け出し
保健室へと向かった

しかし
体育館の入り口の重い戸は
なんであんなに
開け閉ての時
ガラガラ
大きな音がするのだろう

と思いながら
とにかく
保健室へ…
うん
鍵がかかかっている
不在だ
あっ
2階で
諸納金の受付をしていたはずだ
走って階段を駆け上がるも
保健の先生が担当していた
B組はもう
計算を終えて
戻ったとのこと

オレはそのまま職員室へ
いたいた

いつもにこにこしている
保健の先生に
事情を説明し
すぐに一緒に保健室へ

「薬はあまり種類がないのですが…」

あっ
しまった

症状を聞くのを忘れていた
痛いの?
下ってるの?
それとも?
・・・

しょうがない
全部持って行こう

O田胃散に
新S胃腸薬
さらには
整腸剤の
Bフェルミン

そして
飲み下すための水
そのためのコップ
・・・
目に入ってきたのは
明日の検尿用の紙コップ
しかし
いくらなんでも
これはないだろ

てんで
棚の中を物色すると
なんで
てなくらい
大ぶりで
立派な角の
グラスが目に飛び込んできた
ウィスキーのロックにぴったりな
オールドファッションド・グラスだ

よし
これだ

ポケットに薬
手には
水を入れたグラスを持って
オレは
体育館に戻った

ガラ…ガラガラ…
そぉ〜っと静かには開けられない扉を開けると

後ろの人たちの視線は一斉にこちらへ
いや
見なくてイイから・・・

思いながら
一番前にいる
司会者のところへ歩を進めた

時あたかも
学校長式辞
一番退屈・・・
いや
厳かな時間だ

早くF先生の元に行きたいのはやまやまだが

走るわけにはいかないし
なるべく目立たないように
そろそろと
歩を進めた

いやしかし
これが逆に
十分目立っていたみたいだ

なにせ
どこからともなく
忽然と現れ

水をこぼしちゃ行けないから
ちょっと
腰を落として
ゆら ゆら

しかも
コップを隠すために
腕をぴったりと身体に付け
コップは
上からわしづかみにして
さまよう
いや
前に進む
オレの姿・・・
しかも
誰も
オレが何のために
ステージに向かっているのか
(まさか
 司会者を目指しているとは知らないから
 ステージに向かっているのかと思ったそうだ)
わからない
本当に
みんなの頭の中に
????

浮かんだらしい

その沢山の
痛いほどの視線を全身に感じながら
オレは
F先生の元へとたどり着いた
小声で

先生

持ってきました

気づいた
F先生
これも小声で
「ありがとう
 急に腹が下って…」

なるほど
そっちですね

じゃあ
これを

「おお
 助かるよ
 あっ
 水はあるから」

笑顔で
薬を受け取ってくたれのはいいが

おれの手には
水の入った大ぶりなグラスが
残されたままだ

しかたがないから
オレは
さっき来た道を
さっきと同じように奇妙な姿勢と歩き方で
そろそろと戻った

そして
今度は
前を見ている
人たちと向き合う形で
歩を進めることになる
当然
みんな
視線がもの問いたげだ

すると
O先生
オレの手元を指さして
口だけ動かした
それは
たしかに
こう言っていた

焼酎

んなわけないだろ

否定しようとして
動揺して
あやうく
グラスの水をこぼしそうになって
慌てるおれの姿は

まさしく

酔っ払って
飲んでる酒をこぼしそうになって
あたふたしている
呑んべぇの姿


先生方
下を向いて
肩を小刻みにふるわせている

いや
だから
オレは
笑いを取りにこうしているわけじゃないのよ

焦りで耳まで真っ赤になり

ますます
酒でも飲んでいるのか的な

こりゃもう
立派な変質者

その後

職員室で質問攻め

「何してたんですか?」

「ダメじゃないですか
 入学式に焼酎持ち込んじゃ」

だから
そうじゃないんだって
かくかくしかじか・・・

説明すればするほど
笑われた

文字通りの
酔虎でした

まじめに
感謝してくれたのは
F先生
ただ一人でした

ちゃんちゃん




Deep Purple
 『Perfect strangers』


このラインナップは
やはり
素晴らしい

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
面白すぎる

先生の赤い顔懐かしいー
てらまき
2014/04/16 08:50
わははは ホントに怪しかった
さて
甘い生活 満喫してますか?
平和風
2014/04/16 20:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
http://gogomakky.naturum.ne.jp/
入学式の変質者!? 酔虎の独り言 〜本とロックと酒の日々〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる