イタリアン・プログレを聴きながら 大忙しの日に 存在を肯定する 『ツァラトゥストラ』なのだ 

笑っちゃうほどに

仕事がかぶった
一日・・・

忙しいったらありゃしない

でも
そんな時の方が

がしがし
わしわし
授業している
オレがいて
そのヨタ話に
喰いついてくれる
生徒達がいて

それがまあ

酔虎なのだ

まじ
くたくた

午前中から
5時間目までは
びっしり授業

6時間目は
1学年の
頭髪指導で体育館

放課後は
検定の監督
掃除
進学講習
来客
保護者との話し合い

進学講習は
またしても
割を食わせてしまった
ごめんね

そして
とどめは
突然訪れた
卒業生達だ

まったくもう
うれしいんだけれど

来るんなら
事前に
言ってくれよ 

話は尽きない
同級生達の近況報告と

自身の
お話

実は
 先輩の○○さんと
 おつきあいさせていただいています


いいじゃん
あいつ
イイ奴だよ

みたいな話で
大盛り上がり

まあまあ
楽しかったのだった

卒業生諸君
もっと
話しましょう

是非
近況を教えに来てくれ

ただ
事前連絡
アポイントメントは
とってくれよ



Museo Rosenbach

 『 Zarathustra a) L'Ultimo uomo』


『ツァラトゥストラ』

哲学者ニーチェを
題材に

全てを詰めこんだような

オレの一番好きな
イタリアンプログレ・アルバム

遠くから響いてくるような
始まりから

苦悩の現在を経て

力強く
未来へ飛翔する

音楽の
想像力の
可能性を

力強く
肯定した
名盤です






Zarathustra
Pid
2011-03-01
Rosenbach Museo

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Zarathustra の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック